khrtz Blog

SwiftUIを触った

June 13, 2019

WWDC2019で衝撃だったのは、SwiftUIの発表だった。リアルタイムで見てたわけじゃないので朝タイムラインで流れて知った。朝6時くらいだったと思うけど、飛び起きて直ぐにXcode11Betaをダウンロードして、チュートリアル通りにSwiftUIを書いてみた。https://developer.apple.com/xcode/swiftui/
Reactプログラマの僕にも、とてもわかり易い。宣言的に構造を書くだけでアプリが形になっていく。

もう8年くらい前、iPhoneアプリを作りたいと思い、初めてプログラミングを始めたがストーリーボードに馴染めず何も作れなかった覚えがある。当時のAndroidの開発環境よりかはマシだったけど。その時と比べたら凄い進歩だということが直感的に感じ取れた。Xcodeのサポートも強力で快適だ。これだったら出来るかもしれないと思わされたのは、Ruby on RailsやReact.jsに出会った感覚と同じだった。

何かを作りたいという気持ちだけで夢中に手を動かせることは凄く幸せな瞬間だ。AppleのDeveloperとしてモノづくりをしてみたい気持ちになった。ARにもかなり力を入れて投資しているので、色々遊ぶ。


Twitter